楽しいこと・嬉しいこと。そして悲しいこと・ひとりごと・・・


by yukidarumako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

子どもへのまなざし

2018年始まりました。今年のテーマは「寛容」

怒りからは何もまれない。
ならば、にっこりと笑って受け止め、
そして、考えられる様になりたいと思う。


職場の後輩が、おめでたく懐妊し年度末には退職する。
そんな彼女と、
子どもはあっという間に大きくなっちゃう。
もっと抱っこをしてやれば良かった。
なんて話しをしながら、ふと思い出し
佐々木先生の「子どもへのまなざし」を取り出してみた。

いくつかの気にかかるページには付箋が貼られている。

もうすぐ12歳、春にはもう中学生なのに
こんなにべたべた甘えてきて、大丈夫だろうか・・・
なにかちょっと困ることがあると、
すぐに、助けてと自分で解決しようとしない
このままでいいのか・・・

この頃、そんなことを思い、心配していた私を見透かしていた様に
付箋が貼られたページには書かれていた。


『子どもが望んだことは、満たしてあげても大丈夫です』
『子どもが親にべったりくっついていても、大丈夫』
『しつけに大切なことは、いい面を気づかせてあげること』

親の望みではなく、子どもの望むことは、いくらでもやってあげて
「もういい」というまで・・・
べたべたしていても、それでいいんだって親が思っていれば
子どもは安心して甘えられる
そして、満たされれば、自律して離れていく。

そうだった
苛立ちは、私自身の不安の現れであり、それが、ムスコへと伝わっていく

べったりと絡み付いてくるムスコの愛情コップは、
まだまだいっぱいではないのだろう。
つい、もういいだろうと、さっさとふたを準備している自分がいる。

まだまだ、だね。


そして、
子育てのみならず、いろいろな場面で自らの感情を冷静に考えると
怒りや苛立ちは、もっと少なくて十分だと、気づかされる。


もっと、おおらかにいこう。
笑ってわらって、ね。








[PR]
# by yukidarumako | 2018-01-08 10:40 | タロのまわし蹴りっ!

前を向いていこう

c0067459_23201558.jpg




今日は、ものすごく疲れた。なんともいえない空しさと疲労。
いろいろな指摘を受け、やる意味さえないと言われる中、いろいろな説明と想いを伝えたかっただけだった。
しかし、
ちょっとは私を否定しないで聞いてくれる?
そう言われて、なんというか…すごく萎えた。

そのまま私が言いたかった。その言葉。

特殊職場にありながら、足並みをそろえなければ指摘され、揃えようとも、並ぶことはない。

昨日の会議での〝オペ室の看護師は何してるの?〟の問いへの理不尽な思いが、消化されないままの本日のセッションは、こたえた。

久しぶりに、怒りが悲しみへスライドしていく・・・

落ち着いて考えよう。
少し、頭と心を空っぽにしよう。

字ズラをどう変えようとも、目指すものは、なにひとつ変わらないのだ。
「自分で決めることを大切にする」「お互いに支え合う」「持てる力を引き出す」この3つ
思考過程を言語化することの難しさを再認識もできた。
自分にも言い聞かせたい。
私が決めたことを、大切にしよう。


最後に思い出す・・・「原因と結果の法則」

自己コントロールは、強さです
正しい思いは熟練技術です
そして、穏やかさは、パワーです


そう、怒りからは、なにも生まれない。
笑ってわらって、ゆっくり考えていこう。









[PR]
# by yukidarumako | 2017-07-07 22:40

失敗は成功のもと

失敗してもいいんだよ。
間違っても、大丈夫だよ。
失敗も間違いも、少ない方が良いかもしれないけど、失敗しても間違えても、問題はない。
失敗してしまったら、さあどうする⁈ 
よく考えよう。挽回すれば良いんだよ。
間違えたら、理由を探してもう一度頑張ろう!
失敗しなくちゃわからないことはたくさんある。だからこそ、前向きに、できるぞ!と自分を信じて挑戦しよう。

慎重派で、失敗を嫌がり挑戦を尻込みするムスコに、いつも伝えてることだ。

なかなか、うまく伝わらない。

「お母さんは、なんでもうまくやりたいんだね」
ムスコに言われて落ち込んだことを思い出した。

“失敗しても良いんだよ”
そう言いながら、失敗をしないための努力を強いていることに気づかされる。
落ち込みながら、うまくいかない自分を振り返る。

くだらない失敗の繰り返しをしているけれど、ムスコに伝えている言葉を思い出して、顔を上げ立ち直る日々










[PR]
# by yukidarumako | 2017-01-22 12:50 | ひとりごと

復活!そして成長


清々しい空気の季節になりました。

最近知りました。
“清々しい”という表現が今の季節に使われる言葉で、“爽やか”は秋に使うということ。
なんだか、日本語って良いな。としみじみ思いました。

年末年始から1人感染症リレーをして、春休みも本調子ではないまま新学期を迎えたムスコ
保育園時代から、よく遊びよく食べて、よく寝ているおかげで、元気が取り柄だと思っていたのに、どうしちゃった〜と心配しました。
GWが明けて、やっと完全復活!

ホッとひと息です。

ホッとひと息は病気だけでなく・・・

それと同時に、事あるごとに拗ねたり膨れたり、大きな声で怒ったりして反抗していたのも、ずいぶん落ち着いて、わかっちゃいるけどなかなかできなかったのであろう事を、素直に自分からするようになってきました。

どうせ…と後ろ向きだったサッカーも、ほんの少しずつだけど、前向きに頑張っています。

できた自分が誇らしそうであるのは、見ていて嬉しくなるとともに、我が子の伸びしろを信じることの大切さを痛感しました。

こうして反抗と成長を繰り返し、離れていくんでしょうね。





More
[PR]
# by yukidarumako | 2016-05-19 21:32 | タロのまわし蹴りっ!

 
 あと一粒の涙で ひと言の勇気で
 願いがかなう その時がくるって
 ぼくは信じてるから 君もあきらめないでいて
 何度でも この両手を あの空へ


ムスコが、気に入って口ずさんでいる歌 『あとひとつ』
いい歌だよね〜と、一緒に聞き、しみじみと歌詞をかみしめる

 
 あつくなっても無駄なんてことば 聞き飽きたよ
 もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 
 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう


私の心に 一番ひっかかったところ

そう、なかなか、あきらめられない
[PR]
# by yukidarumako | 2016-03-06 11:10 | ひとりごと

残念だったの

ここ最近のお買い物で残念だったこと

ウチのすぐ目の前のフレンチの惣菜のお店
同僚が、黄金豚のリエットがとっても美味しい!って教えてくれてずっと気になっていた
先日、機能評価も終わったし、はぁ疲れたしと思って、プチ祝いにあれこれ購入して帰宅した
とっても美味しくて、満足だったのだけれど・・・

ちょっぴりワクワクしながら、買い物中にお店の人とのやりとりって、何を選ぼうかなって時にも参考になるし楽しい。と、私は思ってて
その日も、友人が美味しいって教えてくれて楽しみに来たんですって話をしながら選んでいたのだけれど・・・反応ゼロ
ずっとニコリともせず、ショウウィンドウに残り少ないローストビーフについて尋ねても、切ればあります。のひとことのみだった
淋しい(-。-; 淋しいよ。

せっかくのひと時が、台なしな気分。私の勝手だけど、ね。


そして、実はこの前にももう1つ

ご近所にできた「きんつば専門店」
父ちゃんは、きんつば好きなので、気になっていた
駅からの帰り道に寄ればいいだけなのだけど、我が家の対面にあることや荷物持ってたりetc.なかなか行けずにいた

やっとチャンスがあり立ち寄った時のこと
シックで木の香りのするいい感じの店内
ちょっと余計なにみたいなものも雑然と置かれてるのが気になった
思い出せば、いらっしゃいませの声もなかったなぁ

一つずつパックされたいろんな種類のきんつばが並ぶショウウィンドウを見ながら、どれがお勧め?っていうか基本の味か伺い、1つでも良いか訊ねると、大納言が基本と教えてくれた
1つでも良いとのことで、とりあえず1つ購入したのだが、愛想のないお姉さんが商品を摘んで持ち、「袋に入れます?」と聞いてきた
いいえ、結構ですと答えたが、なんともがっくり_| ̄|○
その持ち方どうよ?
もちろん、私の、ずっと気になっていて来たかったんですよ。なんてセリフには、なんの返事もなし

残念でならない
それは、もちろん私の話に負のオーラを返されてしまったことが、がっくりなんだけど、それ以上に、こんなにも人と人の何気ない会話って無くなっちゃってるのかしら?ってことに、淋しさがこみ上げる

おばちゃんになっちゃったのかなぁ
子どもの頃、母がやたら人に話しかけるのが恥ずかしかったのだけれど、そんな感じなのかな、私

うーん
けどね、接客ってそうじゃないよね・・・
と思う。。。っていうか、思いたい。
たぶん、きんつばの店には二度と行かないし

[PR]
# by yukidarumako | 2016-02-03 14:28 | ひとりごと

2015年総括と2016年

歳とともに、一年が恐ろしく早くなっている。 
年のはじめに、とりあえず、考えをまとめておこう。

去年は、なんだか戸惑って悩んで、あまり成長のない一年だったように思う。
それでも、たち戻る場所は、揺るぎない芯の部分でありいい意味でも悪い意味でも変わらないところだなと、改めて考えさせられた気もする。
そしてまた、ムスコの存在によって、くだらない価値観と我儘な自分をむき出しにさせられて、しんどい一年でもあった。
ごめんよ、ムスコ。

2016年の目標は、自立と自律
苛立ちや怒りは、迷いと不安の表れでもあり・・・
いろいろな意味でしっかりとしたい。
それは、強さではなく、しなやかさと穏やかを産むと信じて。

ほどほどに、がんばります。







[PR]
# by yukidarumako | 2016-01-06 01:18 | ひとりごと

今は、永遠ではない

何かあると、自分に言い聞かせてきた言葉

「今は、永遠ではない」

でも、先日、あゝこれは、悪い時だけではなく、良い時にも言えることなのだと、改めて考えさせられることがあった


仕事がしんどくてしんどくて
育児休暇明けに辛くて辛くて
自分を見失いそうで苦しくて苦しくて

そんな時に
「今は、永遠ではないのだ」
先を考えて、今できることを、考えて・・・

自分に言い聞かせてきた

でも、私の使い方は
「明けない、夜は、ない」にちかかったな。と思う


今は、永遠ではない

そう、良い時も、ずっとは続かない

そして、その変化は、待つ、時に流される
だけではなく、自らが変えることだってできるんだ

そんなことを
簡単で当たり前なんだけど、やっぱり簡単ではなくて・・・なんだか、しみじみ考えてしまった





[PR]
# by yukidarumako | 2015-10-24 16:19 | ひとりごと

大収穫!

c0067459_16065364.jpg

唐辛子の大収穫です。
乾燥させて、保存します。
たぶん、3年分くらいあります012.gif

[PR]
# by yukidarumako | 2015-10-24 16:04 | 家庭菜園

c0067459_9385328.jpg


春です♪

毎朝、8時過ぎに父ちゃんがせっせと受粉させてくれてる苺が、この頃の眩しい陽射しに赤くなってきました。

前回の苺は、真っ赤になるまで辛抱すると虫に食われ、早めに摘むと酸っぱいという、虫との戦いでした。

今回も、よく見るとやっぱり美味しそうなのはちょっと虫食いが・・・

それくらい美味しいってことですね。
まだまだ小粒だけど、甘くて大きな苺を、虫よりたくさん食べるぞー!
[PR]
# by yukidarumako | 2015-04-30 09:30 | 家庭菜園