楽しいこと・嬉しいこと。そして悲しいこと・ひとりごと・・・


by yukidarumako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

母の日と父の誕生日


5月12日はナイチンゲールの誕生日。そして、父の誕生日。

今年は、ちょうど母の日と一緒ということで、仕事前ではありましたが、
父と母へ久しぶりにきちんと感謝を伝えに実家へ行ってきました。


今日で80歳となる父は、腎不全のしんどい毎日だと思いますが、そこそこ健康で痴呆もなく、夫婦二人が仲良く暮らしているという、幸せに感謝します。

お父さん似と言われて育った私は、父が大好きで、思春期もイヤになった時代はありませんでした。
人生の節目節目に、ちょっとくれた父のひと言は、今でも私の大切な宝物で、仕事で人材育成を担う今、とても大切な言葉をくれていたことを痛感しています。
そして、看護学校の実習時代、毎朝、朝ご飯を作ってくれたことが一番の思い出かな。

逆に母のことは、高校生くらいから窮屈な思いが強く、同級生にいたら絶対に友達にならないタイプだ。と思っていました。
今もまあ、ちょっとそう思っていますが、社会に出てから、そして遅まきながら子育てを始めてからの自分のしていること、考えることのあれこれが、今まで母にしてもらっていたことばかり。
ふと、思い出してはニヤリとしてしまいます。

もちろん考え方は親子といえど違いますが、今の私のアイデンティティは、母の確固たる信念が育ててくれたんだと、確信しています。
今の時代、自己肯定力、アイデンティティの確立が難しいといわれていますが、その一番大切なことを愛情と共に心の芯に植え込んで貰えたことに、感謝しきりです。

やっと、この歳になってゆっくりと考え手紙を書くことができました。
これからも、少しでも長く、健康で仲良く長生きして欲しいなと思います。
[PR]
by yukidarumako | 2013-05-12 12:01 | ひとりごと