楽しいこと・嬉しいこと。そして悲しいこと・ひとりごと・・・


by yukidarumako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

想像力、大事だよね


6月1日日曜日に、林修氏の講演を聴いてきた。

 お題は「自分を変える。いつやるの?今でしょ!」

ご本人もいっていたが、まあ、“今でしょ”はもういいでしょ。
(まだ、しばらくはいわれるでしょうけどね。)
それはさておき、110分におよぶ講演は、面白かったし、とても興味深かった。


子育て目線で聞いた私が、印象に残ったこと。考えたこと。を忘れないように覚え書き

第一の感想は、彼は、たしかに頭が良いな。ということ。
そして、本人も笑って言っていたけど、きっと、バカは嫌い。でしょうw

私は頭良くってね、なんでもできちゃったし・・・あははは〜などと、辛口な発言が多かったけれど、そんな発言とは相反して、意外にも、努力家であり、自分と周りとの調和(というかバランス?)を考える人なんだな。。。とも、すごく思いました。

「自分を変える」というお題でしたが、変えるというより、人生に対する考え方についてだったような。
求められている自分を客観的に捕らえることのできる感性。考える力を養う。
簡単にいえば、そんなお話しでした。

すごく共感できます。イメージする力。とても大事。
学生時代に、教員が言っていたことを久しぶりに思い出す。

「“私は誤解されやすい”という人は、自分が誤解してるんです。」というもの。
自分の言動が、周囲にどう受け止められ評価されるかを考える、想像力の欠如だと。

ふむ・・・

環境は情報から作られる。
子育てにおける環境は、親そのものが問われている。
颯爽と品位ある立ち居振る舞い。丁寧に生きる。
これは、昔から言われている基本中の基本を、この時代だからこそ?あえて言われていた様に思う。

やりたいこと・やりたくないこと軸 と できることできないこと軸のマトリックス

子ども時代に、やりたいこと軸でたくさんの経験をする事の大切さは、情報量に繋がるのではないか
多くの有効な情報を与えて貰い、貴重なたくさんの経験をすれば、おのずと、できることが増えるはずだ。
ここでの情報と経験は、教えられることでなく、考える機会を与えられること。

そして、大人と言われるようになったら、できること軸で、やるべき事を考えられるようになる。
求められている自分を客観的に捕らえることのできる感性。考える力だ。



最後に・・・私は聞き逃さなかったさ。

人と人の関わりは「愛と尊敬」だ。とサラっと言ってのけたこと。
ふ〜ん。そうくるんだ。かなり意外な発言だったけど、どんなに辛口でも、好印象だった理由がわかった気がする。
[PR]
by yukidarumako | 2014-06-02 21:04 | ひとりごと