楽しいこと・嬉しいこと。そして悲しいこと・ひとりごと・・・


by yukidarumako
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

もうひとりの私


c0067459_20432173.jpg


状況が変わらなくても、気持ちを切り替えることが出来れば
道は開けてくる
相手の変化を求めるよりも、相手を受け入れる自分が変われる方が
前向きだ


そう思って頑張っているけれど、
日々の小さな出来事、なんでもない事柄は積み重なり
大きな波になって押し寄せてくる。
そんな波に飲み込まれてしまわないように、
美味しいお茶を飲みながらゆっくりと考えてみる。





なにがこんなに私をイラつかせるのだろう・・・
冷静になって考える。

そう、そして気がついた。
今の私の一番の敵は、もうひとりの私自身だ。

「良い母でありたい」「良い妻でいたい」 ついでに、「いい女になりたい」
そう、思う私。
では、「良い母」とは?「よい妻」とは・・・?
完璧を求めているわけではない。私らしくありたい。そう思っているだけ。

結婚したばかりの頃を思い出す。
やはり、家事も仕事も遊びもみんなちゃんとやりたくて
仕事で疲れて帰っても、掃除をしなくちゃと思うんだけれど、疲れているからイライラする。
そんな私をみて
「ホコリじゃ死なないから、疲れてるんだから今は休みなさい」
そう言ってくれるだんな様に、
「私が寝ていたら、この部屋は綺麗になるの?誰かか掃除してくれるの?」
そう言って、泣きながら地団駄を踏んでいた私。

あの頃ほど子供の私ではないけれど
今の私も同じように、心の中で地団駄を踏んでいて
知らず知らずに、そうありたいと願う自分の姿は、
こんなにも今の“日本の男社会の固定概念”に、洗脳されている。
自分のこだわりが、自分を苦しめる。
それは、ものすごく不本意だけれど、
でも、それを欲張りだとは、思いたくないの。

そう気がついたら、少しだけ、気が楽になった。
もうひとりの私。なかなかの強敵です。
[PR]
by yukidarumako | 2006-10-18 21:51 | ひとりごと