楽しいこと・嬉しいこと。そして悲しいこと・ひとりごと・・・


by yukidarumako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ひとりごと( 138 )

失敗は成功のもと

失敗してもいいんだよ。
間違っても、大丈夫だよ。
失敗も間違いも、少ない方が良いかもしれないけど、失敗しても間違えても、問題はない。
失敗してしまったら、さあどうする⁈ 
よく考えよう。挽回すれば良いんだよ。
間違えたら、理由を探してもう一度頑張ろう!
失敗しなくちゃわからないことはたくさんある。だからこそ、前向きに、できるぞ!と自分を信じて挑戦しよう。

慎重派で、失敗を嫌がり挑戦を尻込みするムスコに、いつも伝えてることだ。

なかなか、うまく伝わらない。

「お母さんは、なんでもうまくやりたいんだね」
ムスコに言われて落ち込んだことを思い出した。

“失敗しても良いんだよ”
そう言いながら、失敗をしないための努力を強いていることに気づかされる。
落ち込みながら、うまくいかない自分を振り返る。

くだらない失敗の繰り返しをしているけれど、ムスコに伝えている言葉を思い出して、顔を上げ立ち直る日々










[PR]
by yukidarumako | 2017-01-22 12:50 | ひとりごと

 
 あと一粒の涙で ひと言の勇気で
 願いがかなう その時がくるって
 ぼくは信じてるから 君もあきらめないでいて
 何度でも この両手を あの空へ


ムスコが、気に入って口ずさんでいる歌 『あとひとつ』
いい歌だよね〜と、一緒に聞き、しみじみと歌詞をかみしめる

 
 あつくなっても無駄なんてことば 聞き飽きたよ
 もしもそうだとしても 抑えきれないこの気持ちを 
 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう


私の心に 一番ひっかかったところ

そう、なかなか、あきらめられない
[PR]
by yukidarumako | 2016-03-06 11:10 | ひとりごと

残念だったの

ここ最近のお買い物で残念だったこと

ウチのすぐ目の前のフレンチの惣菜のお店
同僚が、黄金豚のリエットがとっても美味しい!って教えてくれてずっと気になっていた
先日、機能評価も終わったし、はぁ疲れたしと思って、プチ祝いにあれこれ購入して帰宅した
とっても美味しくて、満足だったのだけれど・・・

ちょっぴりワクワクしながら、買い物中にお店の人とのやりとりって、何を選ぼうかなって時にも参考になるし楽しい。と、私は思ってて
その日も、友人が美味しいって教えてくれて楽しみに来たんですって話をしながら選んでいたのだけれど・・・反応ゼロ
ずっとニコリともせず、ショウウィンドウに残り少ないローストビーフについて尋ねても、切ればあります。のひとことのみだった
淋しい(-。-; 淋しいよ。

せっかくのひと時が、台なしな気分。私の勝手だけど、ね。


そして、実はこの前にももう1つ

ご近所にできた「きんつば専門店」
父ちゃんは、きんつば好きなので、気になっていた
駅からの帰り道に寄ればいいだけなのだけど、我が家の対面にあることや荷物持ってたりetc.なかなか行けずにいた

やっとチャンスがあり立ち寄った時のこと
シックで木の香りのするいい感じの店内
ちょっと余計なにみたいなものも雑然と置かれてるのが気になった
思い出せば、いらっしゃいませの声もなかったなぁ

一つずつパックされたいろんな種類のきんつばが並ぶショウウィンドウを見ながら、どれがお勧め?っていうか基本の味か伺い、1つでも良いか訊ねると、大納言が基本と教えてくれた
1つでも良いとのことで、とりあえず1つ購入したのだが、愛想のないお姉さんが商品を摘んで持ち、「袋に入れます?」と聞いてきた
いいえ、結構ですと答えたが、なんともがっくり_| ̄|○
その持ち方どうよ?
もちろん、私の、ずっと気になっていて来たかったんですよ。なんてセリフには、なんの返事もなし

残念でならない
それは、もちろん私の話に負のオーラを返されてしまったことが、がっくりなんだけど、それ以上に、こんなにも人と人の何気ない会話って無くなっちゃってるのかしら?ってことに、淋しさがこみ上げる

おばちゃんになっちゃったのかなぁ
子どもの頃、母がやたら人に話しかけるのが恥ずかしかったのだけれど、そんな感じなのかな、私

うーん
けどね、接客ってそうじゃないよね・・・
と思う。。。っていうか、思いたい。
たぶん、きんつばの店には二度と行かないし

[PR]
by yukidarumako | 2016-02-03 14:28 | ひとりごと

2015年総括と2016年

歳とともに、一年が恐ろしく早くなっている。 
年のはじめに、とりあえず、考えをまとめておこう。

去年は、なんだか戸惑って悩んで、あまり成長のない一年だったように思う。
それでも、たち戻る場所は、揺るぎない芯の部分でありいい意味でも悪い意味でも変わらないところだなと、改めて考えさせられた気もする。
そしてまた、ムスコの存在によって、くだらない価値観と我儘な自分をむき出しにさせられて、しんどい一年でもあった。
ごめんよ、ムスコ。

2016年の目標は、自立と自律
苛立ちや怒りは、迷いと不安の表れでもあり・・・
いろいろな意味でしっかりとしたい。
それは、強さではなく、しなやかさと穏やかを産むと信じて。

ほどほどに、がんばります。







[PR]
by yukidarumako | 2016-01-06 01:18 | ひとりごと

今は、永遠ではない

何かあると、自分に言い聞かせてきた言葉

「今は、永遠ではない」

でも、先日、あゝこれは、悪い時だけではなく、良い時にも言えることなのだと、改めて考えさせられることがあった


仕事がしんどくてしんどくて
育児休暇明けに辛くて辛くて
自分を見失いそうで苦しくて苦しくて

そんな時に
「今は、永遠ではないのだ」
先を考えて、今できることを、考えて・・・

自分に言い聞かせてきた

でも、私の使い方は
「明けない、夜は、ない」にちかかったな。と思う


今は、永遠ではない

そう、良い時も、ずっとは続かない

そして、その変化は、待つ、時に流される
だけではなく、自らが変えることだってできるんだ

そんなことを
簡単で当たり前なんだけど、やっぱり簡単ではなくて・・・なんだか、しみじみ考えてしまった





[PR]
by yukidarumako | 2015-10-24 16:19 | ひとりごと

長期勤続休暇

先週末から、9日間のご褒美休暇をいただき、
1泊家族旅行をした以外は、特に予定もたてず、のんびり“休暇”を
過ごしています。
長い間よく働きました。と、25年勤続者に与えられる長期勤続休暇です。


この休暇中にしたこと

*1泊家族旅行
久しぶりのドライブで、かつて二人で行ったところに足を伸ばしたり、初めてのブドウ狩りをしたり、楽しかった。


*料理                    
普段、仕事から帰ったらご飯ができてるなんていいな〜と職場の人にうらやましがられている私。
起きたら、コーヒーもいれてくれるし、朝ご飯だってホカホカよ。

といっても、料理は嫌いじゃないのです。

手作りみたらし団子にはまってムスコと作り、この焼き具合が最高だね!なんて熱々をほおばる
ブドウ狩りで浮かれすぎてたくさん買ったブドウ、さてどうしようって、せっせと種取り皮むきして、クラフティを焼いて食べてたら、体重が1キロ増えた!
あ、ドレッシングがないな〜と気がついて買いに行くじゃなくて、欲しいドレッシングをある調味料でちゃっと作っちゃったら、うまくいった♪
生牡蠣が食べたくて美味しい白ワイン買ったのに、まだ良い生牡蠣が出てないって売ってない・・・それじゃあ合いそうなもの作ろう♪
あら、天然ぶりのアラが安いわって、ぶり大根を煮たら、帰宅してきたムスコが、いいにおい〜ってニッコリ

なんて、作らなくてはいけない料理ではなく、作りたい料理を楽しく作れるのも、これまた幸せです。


*ラジオ体操
ダイエットや美という意識よりも“健康”が気がかりになり、ムスコと共に朝のラジオ体操に参加しています。
夏休みにムスコがお友達を始めた朝トレ。
休み明けも続いているので、毎朝送り出すだけでなく、私も参加しようと、ここ一ヶ月一緒に出かけています。
自転車でついて行っていたのを、歩きに変えていい運動になって、軽いジョギングも苦ではなくなりました。継続ってスバラシイ!

子どもの邪魔にならないように、ほどほどの距離感を保ちつつ、子ども達からも学ばせてもらっているところ。
これからの寒い朝にも負けず、続けられますように。


*衣替え
毎年、忙しさにかまけてクローゼットがぐちゃぐちゃになってからしていたけど、今年はバッチリ☆
ついでに、玄関と下駄箱も掃除して、履かない履けない靴の整理と新規ブーツの購入もしちゃいました。


*いってらっしゃい&お帰りなさい
ムスコの秋休み終了後から、朝、落ち着いていってらっしゃいといい、一緒にといわれれば、もういいよ。(しっし!の手振りつき(涙)といわれるまで一緒に登校して、帰宅するときには、必ず家にいてお帰りなさいという。

ごく普通だけど、なかなかできいないことを、心がけてしています。
玄関のドアを開け、「ただいま!」と元気に帰ってくるムスコは、すぐに「お帰り!」ととうちゃんが返事をしても、私の「お帰り」の声を聞くまで、何度もただいまを言ったり、お母さんは?と確認しています。

「きょう、ほいくえん?」
毎朝、自分の一日を確認していた保育園時代
「今日、お母さん休み?」「夕方から仕事?」
私のシフトを確認するようになったこの頃。
求められている幸せと、申し訳なさとが入り交じる。

いつまでも続かない、今を、大切にしたい。と思わずにはいられません。


*早寝早起き
ムスコと共に起き、ムスコと共に寝るという、いたって規則正しい生活です。
6時前後に起床。21時前後に就寝。
時にはムスコがパタンQで先に寝てしまい、のんびりソファで過ごしたりもしたけれど、朝が早いのでおのずと眠たくなり(笑

21時すぐに寝ると、悲しいかな2時や3時に一度目が覚めてしまいまたすぐには寝付けず・・・を繰り返していたけど、昨日くらいからぐっすり朝まで眠れて、すっきり。
不規則生活どっぷりだった体には、とってもいいリセットになったと思います。


さて、明日で、お休みは終了です。
書き上げてみたけど、たいしたことはしてませんね。
休みの前は、あれこれ考えたけど、本当のお休みをさせてもらいました。
我が家の男組に、どうもありがとう。

社会人となって今年で27年目
[PR]
by yukidarumako | 2014-10-17 16:37 | ひとりごと

モップ交換に来ました〜

マンション購入以来10年以上、ダ○キンを利用しているのですが、担当者がころころと本当によく代わります。
フランチャイズだろう支店から来たり、
そこが潰れて直営店から来たりいろいろです。
直営からの人だとスーツ姿で対応はそれなりにそつなく丁寧、けど以外は、またすぐに代わっちゃうんだろうなと思うような感じの人も・・・いましたねぇw

で、ここ最近は父ちゃんが対応することが増えたのですっかり忘れていましたが、先日久しぶりにあって、なんだかなぁと思うやりとりがありました。

交換日の前日には、明日交換日になります。と電話連絡が入ります。(最初の頃はなかったと記憶してるんですが)
それが夜9時以降でびっくりすることありつつの。

で、今回はその連絡がなく交換に来ました。
別に、あぁそうだったのね。と思いつつも、モップを使い切ってないなと、交換せず新しいものを受け取って料金を支払うと・・・

前日連絡ができなかったことを簡単に詫びた後、「前日の連絡は必要ですか?」
との質問。
そうですね。あった方がいいですね。と軽く返事をするとややイヤそうな顔をしたような(°_°)

交換日には次回の日をお知らせします。
基本は4週毎です。
といったことを言っていました。
交換日に次の日をカレンダーに書いておいてくださると・・・とも。

それでも、あった方が準備もできるし助かると返事をすると、
「連絡すれば必ずいてくれるんですね」
と言い、挙げ句の果てには、電話をみんなにしていると、1時間ほどかかるんですよねって言い出しました。

なんじゃそりゃ⁈

そうですか〜でも、電話はあった方が助かります。とお返事しておきました。


おっちゃん、頭悪いよ。

そもそも、電話をする目的はなんなの?
顧客サービス?
それとも、在宅件数(確実な集金・モップ回収)軒数の確保のため?

多分両方でしょうけどね。

ただサービスなら、残念ながらサービスはなくなった。次回交換日をお知らせするのでよろしくでいいじゃないですか。

でも、連絡が来た方が確実に在宅の確率は上がるよ。ウチは。
モップもがっつり使って返却するしね。

さて、来月は電話くるでしょうか?
(また、担当が代わってたりして⁈w)
[PR]
by yukidarumako | 2014-09-24 12:44 | ひとりごと

想像力、大事だよね


6月1日日曜日に、林修氏の講演を聴いてきた。

 お題は「自分を変える。いつやるの?今でしょ!」

ご本人もいっていたが、まあ、“今でしょ”はもういいでしょ。
(まだ、しばらくはいわれるでしょうけどね。)
それはさておき、110分におよぶ講演は、面白かったし、とても興味深かった。


子育て目線で聞いた私が、印象に残ったこと。考えたこと。を忘れないように覚え書き

第一の感想は、彼は、たしかに頭が良いな。ということ。
そして、本人も笑って言っていたけど、きっと、バカは嫌い。でしょうw

私は頭良くってね、なんでもできちゃったし・・・あははは〜などと、辛口な発言が多かったけれど、そんな発言とは相反して、意外にも、努力家であり、自分と周りとの調和(というかバランス?)を考える人なんだな。。。とも、すごく思いました。

「自分を変える」というお題でしたが、変えるというより、人生に対する考え方についてだったような。
求められている自分を客観的に捕らえることのできる感性。考える力を養う。
簡単にいえば、そんなお話しでした。

すごく共感できます。イメージする力。とても大事。
学生時代に、教員が言っていたことを久しぶりに思い出す。

「“私は誤解されやすい”という人は、自分が誤解してるんです。」というもの。
自分の言動が、周囲にどう受け止められ評価されるかを考える、想像力の欠如だと。

ふむ・・・

環境は情報から作られる。
子育てにおける環境は、親そのものが問われている。
颯爽と品位ある立ち居振る舞い。丁寧に生きる。
これは、昔から言われている基本中の基本を、この時代だからこそ?あえて言われていた様に思う。

やりたいこと・やりたくないこと軸 と できることできないこと軸のマトリックス

子ども時代に、やりたいこと軸でたくさんの経験をする事の大切さは、情報量に繋がるのではないか
多くの有効な情報を与えて貰い、貴重なたくさんの経験をすれば、おのずと、できることが増えるはずだ。
ここでの情報と経験は、教えられることでなく、考える機会を与えられること。

そして、大人と言われるようになったら、できること軸で、やるべき事を考えられるようになる。
求められている自分を客観的に捕らえることのできる感性。考える力だ。



最後に・・・私は聞き逃さなかったさ。

人と人の関わりは「愛と尊敬」だ。とサラっと言ってのけたこと。
ふ〜ん。そうくるんだ。かなり意外な発言だったけど、どんなに辛口でも、好印象だった理由がわかった気がする。
[PR]
by yukidarumako | 2014-06-02 21:04 | ひとりごと

さて、・・・と。


今日は、ムスコの新学年の初めての保護者会のため、休みをとりました。
ムスコを送り出し、水回りの掃除をすませてからのんびりして、
先日届いた桑田佳祐Act Against AIDS2013「昭和八十八年度!第二回ひとり紅白歌合戦」を1人観賞中です。
ああ、ささやかながら本当に幸せ・・・

そして、大好きな歌声を聞きながら考える
[PR]
by yukidarumako | 2014-04-17 13:12 | ひとりごと

母の日と父の誕生日


5月12日はナイチンゲールの誕生日。そして、父の誕生日。

今年は、ちょうど母の日と一緒ということで、仕事前ではありましたが、
父と母へ久しぶりにきちんと感謝を伝えに実家へ行ってきました。


今日で80歳となる父は、腎不全のしんどい毎日だと思いますが、そこそこ健康で痴呆もなく、夫婦二人が仲良く暮らしているという、幸せに感謝します。

お父さん似と言われて育った私は、父が大好きで、思春期もイヤになった時代はありませんでした。
人生の節目節目に、ちょっとくれた父のひと言は、今でも私の大切な宝物で、仕事で人材育成を担う今、とても大切な言葉をくれていたことを痛感しています。
そして、看護学校の実習時代、毎朝、朝ご飯を作ってくれたことが一番の思い出かな。

逆に母のことは、高校生くらいから窮屈な思いが強く、同級生にいたら絶対に友達にならないタイプだ。と思っていました。
今もまあ、ちょっとそう思っていますが、社会に出てから、そして遅まきながら子育てを始めてからの自分のしていること、考えることのあれこれが、今まで母にしてもらっていたことばかり。
ふと、思い出してはニヤリとしてしまいます。

もちろん考え方は親子といえど違いますが、今の私のアイデンティティは、母の確固たる信念が育ててくれたんだと、確信しています。
今の時代、自己肯定力、アイデンティティの確立が難しいといわれていますが、その一番大切なことを愛情と共に心の芯に植え込んで貰えたことに、感謝しきりです。

やっと、この歳になってゆっくりと考え手紙を書くことができました。
これからも、少しでも長く、健康で仲良く長生きして欲しいなと思います。
[PR]
by yukidarumako | 2013-05-12 12:01 | ひとりごと