楽しいこと・嬉しいこと。そして悲しいこと・ひとりごと・・・


by yukidarumako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

4年目始動!!

c0067459_17134942.jpg


友人の協力で、再度3年間継続することができました!
まずは、お得意のとうもろこしの種を撒きました。そして、今年こそ、大きなスイカを収穫するぞ〜☆
[PR]
by yukidarumako | 2014-04-23 17:13 | 家庭菜園

歓送迎会参加!

新年度、新旧入れ替わりもあり歓送迎会に参加してきました。
新卒から大事に育てた可愛い後輩は、新天地に慣れずになみだ涙でした。心配ではありますが誰もが通る道、頑張って欲しいものです。
今の職場に10年越えのベテランの後輩も新天地ではいろいろ思うところもあるようです。これまた、ガッツで頑張って欲しい。

思えば…私は同じ職場に5年以上いたことがなく、自分の歓送迎会で涙したこともない・・・。
それぞれの場所に思い出はあるけれど思い入れはなく、未練もなかったなぁ。
泣けるほどの思いを持って異動できることは、ある意味羨ましくもあり、ん〜〜〜、楽天的な自分が嬉しくもあり。
やめたくて辞められた時だってあったけど、辞めたいと思いつめた時がないことにも感謝です。


そんなことを思いながらの2時間の間に、研修医と話す機会があり・・・
高校までJリーガーを目指してたんですが〜なんて言っていた性格のいい研修医が、開成→東大のエリートで、大学4年で医師への道を目指して医学部に編入したときき、のけ反りました。全然そんな感じがしてなかったのよねー。
もう、どうすれば、そんな頭が良くて性格のいい青年を育てることができるのか、お母さんにお会いしたい!
その話を教えてくれた研修医も、紆余曲折の後私大の医学部卒なのだそうで、挫折が自分を成長させたと言っていました。思い通りにうまくいかなかった時、受け止めてくれたのは親でありそれが支えになったとも。

ふむふむ。
もう、この頃は、どんな話も親目線で聞きいってしまう自分。思いは巡ります。
選択する大学やその先の職業はどうであれ、素直に、そんな風に自分を語れる男に我がムスコもなって欲しいものです。はい。

帰路につき、ふと携帯を見ると着信が2件
一次会のみでの帰宅で、9時半過ぎに家に着くと、ちょうどムスコは寝付くところでした。
半分寝ぼけて「おかえり!」と言ってくれたのち、すぐに眠りに落ちました。
とうちゃんの情報によれば、「早く帰れコール」をしていたんだとか。着信はムスコからだったのか。
そんなこともできるようになったんだね。
日々、生意気ばかりで反抗バリバリのくせに、可愛い奴めw
[PR]
by yukidarumako | 2014-04-18 23:08 | 楽しいこと

さて、・・・と。


今日は、ムスコの新学年の初めての保護者会のため、休みをとりました。
ムスコを送り出し、水回りの掃除をすませてからのんびりして、
先日届いた桑田佳祐Act Against AIDS2013「昭和八十八年度!第二回ひとり紅白歌合戦」を1人観賞中です。
ああ、ささやかながら本当に幸せ・・・

そして、大好きな歌声を聞きながら考える
[PR]
by yukidarumako | 2014-04-17 13:12 | ひとりごと