人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2021年総括と2022年の抱負

年明けに恒例の箱根駅伝をみて、いつになくワクワクした2022

また、新しい一年が始まりました。


2021年のテーマは『感謝』

「ありがとう」このひと言を口にする時は、大体において笑顔でいることに気づく。心からのひと言の時も、意識的なひと言の時も、どちらのやはり笑顔でいることができる。

昨年一年の間、どれくらい、私は笑顔でありがとう。が言えただろう。


2021年は、私にとって大きな変化の年だった。


春に職場が替わり、新しい環境でもがきながら自らのチームの在り方を模索した。コロナ禍と言われて2年目、少しのことには動じなくなったものの、背負うべきものの大きさに、時々弱気になることがあったけれど、やはりここでは、感謝なくして前に進めなかったなと思う。

共に前を向き、一緒に頑張って来てくれた人たちに、たくさんのありがとうを伝えることができたし、ありがとう。から始まる前進もあったと思う。


そしてなんといっても、夏の終わりに父が亡くなったことは、大きなできごとであり、その後の母との関わりが、自分のルーツを再認識させられて、胸が抉れる思いがした。

人工透析にペースメーカーに支えられた88歳の父は、元気に過ごしてくれていたが、下血をきっかけに一週間であっという間に逝ってしまった。

残された母の言動は、想像を超えて衝撃的であり、優しかった父の死を悲しむ時間も、母を慮る気持ちすらも削ぎ落としてくれた。

「私がこんなに悲しんでいるのに、なんとも思わないのか⁈どうしてくれるの」と詰め寄る彼女に恐怖すら感じた。そうだった私はこの世界から抜け出すために、どれほどもがき苦しんだことか。


それでもやっぱり思い出すのは、私のこの強さの源は「感謝しているが決して好きになれない人」母であること。

その感謝は揺るぎないだからこそ、やるべきことではなく、今私ができることを彼女にしていこうと思う。できないことはできないし、またできないではなくて、やりたくない。気持ちにも正直でいようと思う。


友人に、ずーっと先の見えないトンネルの中にいる感じ。と言ったら、トンネルだとわかるならまだマシ。との返事がきた。

持つべきものは良き友だなと、しみじみ。


そして夫は、いつでも私の味方であり、よろめく私を支え、応援してくれる本当にどうもありがとう。そうだ、あの世界から連れ出してくれたのもあなただ。



人として大切なことはなにか考えさせられた一年だった。

2021年もまた癒しの場所になったのは、たくさんの映画とたくさんの音楽、ドラマ、そして読書だった。

春に読んだ『神様のカルテ』は、私の背筋を伸ばしてくれて、今でも芯の部分を支えてくれている。


「忠実な友が、あなたと一緒に泣く限り人生は苦しむ価値がある」

「良心に恥じぬということだけが、確かな報酬である」

医療者としてではなくて、人として素敵だなぁと、文学に浸り一つひとつの言い回しが心に染みた。



「マジメっていうことは、真剣勝負って意味だぜ」



ということで、たくさんの感謝と共に2022年は、「マジメに真剣勝負!」をテーマに頑張りたいと思います。



# by yukidarumako | 2022-01-08 19:02 | ひとりごと

結婚記念日 

結婚記念日 _c0067459_12563416.jpg
3月28日は、結婚記念日 
今年は28回目でした。

夜勤明けでもあり雨でもあったので、何するでもなくのんびりと気ままに過ごしました。
ひとつだけ、見つけてから気になりつつも買いあぐねていた、千疋屋のフルーツサバランをホールで購入!思いきり食べました。
あゝ、美味しかった。

夕食の時に、なんでそんな話しになったか忘れたけれど、2人の馴れ初めはなんだったかって話し、ムスコに話したりして。
ムスコが、聞いちゃいけないものっぽく思っていたようで、せっかくの日なんで聞きましょうか。って言ったのがちょっと面白かった。

28年。出会ってからはもう34年。長い
人生の半分以上一緒に暮らしているんだなぁ…

相変わらず、私にとって、着心地の良いTシャツみたいな父ちゃん。ちょっとシミがついたりして、家着兼パジャマみたいなw
だいぶ、ヨレヨレになってきたね。大事に着ないとな。





# by yukidarumako | 2021-03-29 12:56 | お気に入り(mono...)
新しい歳があけました。

私の2020のテーマは「正射必中」
正しい選択ができるように、正しい思いが選択できるようになりたいとの思いでした。

オリンピックイヤーと言われていた2020年だったけれど、COVID-19という未曾有なvirusに、人類が翻弄された2020年になってしまった。
そんな中での私は、どうだっただろうか・・・
正しい思いを選択できただろうか・・・

たぶん、できた。
と、自分を認めたいと思う1年だった。
ただ、そういい続けるには、ものすごくエネルギーが必要だったことは確かだ。

この未曾有な世界的状況においても、私の日常は、不思議なくらい変わらずに動いていた。
(毎日出勤し、収入に変動もないという意味で、まったく変わっていない)
とはいえ、いろいろなことがいろいろ起きて、いろいろな人のいろいろな思いが渦巻いて、たくさんのいざこざや、たくさんの悲しみが、いろいろなところであふれていた。
それでも、私のできる事の本質は変わらず、ただ今だからこその、私がやるべきことは何かを考えるだけだった。
たった1日、一瞬だけ、何とも言えない不安と恐怖に駆られて、家中をアルコールで消毒した日があったのだが、なぜだろう、そのひとときだけで、ふう〜っと抜けていった。
自分は基本的にポジティブであり、揺るぎない自分の芯の部分は、今こそ私を奮い立たせてくれている。
そう信じて過ごしてきた。

ただ・・・そのためには、たくさんの人と、たくさんの本やドラマや映画や音楽に力をもらった。
自分でも可笑しなくらいだったと思う。
なぜ、こんなに?ってふと思った時に、ああ、私も不安だったんだなって、ストレスだったんだって気がついた。

家族においても、言葉にすることは前向きでありたいと思ったし、そうして笑って過ごすことができた。
それは、ストレスを素直にぶつけられたということでもある。正しい思いを選択できるために、家族の寛容に支えられたということだ。感謝

2021年は、あらためて「感謝」をテーマに、信じられる自分でありたい。



# by yukidarumako | 2021-01-03 22:21 | ひとりごと
2020年もあっという間に2ヶ月。年々時が経つのが早くなる。

そういえば、時間経過が早いのは、ときめきがないからだとチコちゃんがいっていたなぁ・・・
毎日めまぐるしく時が流れているようで、同じことが繰り返されている。
年度目標や抱負を立てつつも、PDCAサイクルをまわしながら、時期がくれば何をするべきかもわかる。
新しいことにチャレンジしてないな。と・・・

そんなことも考えつつ、遅ればせながら2019年の総括を、いろんな自分別に振り返ってみることにする。


妻として
まずは、妻としての私。
2019年の抱負は「寛容」だった。しかも2年目。これは、主に妻としての私に一番必要だと考えての抱負だったと記憶している。
残念ながら2年目も寛容のための、我慢のことの方が多かったな。

夫に、静かに希望として伝えたことが、ことごとく裏切られている気がしてならず、つい苛立っていた。希望だったことは、その場で声高な不満に変わり伝えられる。その繰り返し。
ただ、伝えることはエネルギーがいるし、裏切られると思うたびに、そのエネルギーが大きく消耗される。そして、希望が叶うためには、この方法では良くないことはわかっているのに、うまくできない自分にさらに苛立ち疲れていく。そのため、後半は、黙ってみたが、寛容にはほど遠かった。

結婚は、忍耐と寛容だ。それのみ!
20代の私に、今は亡き脳外科の部長が言っていたことを、よく思い出す。
結婚は日常だから、夢なんて見るもんじゃないって。忍耐だけでは続かないが、寛容を持ち合わせれば続く。と、そんなようなことを言っていた。
本当にそうだなーと、思う。
そして、忍耐は、自分だけがしてると思ったら大間違いなんだよね。とも思う。夫もまた、いろいろな葛藤の中にいるのだろうな。と。

忍耐って、苦難に耐え忍ぶこと。我慢との違いは、『自分のため』に、なんだそうだ。
そして我慢は、仏教では煩悩の一つ。わがままな慢心のことだってね。はぁ・・・
夫婦でいたいな。と、共に幸せでいたいな。と、思うからこその忍耐であり、寛容ができるのだろう。
逆にいえば、一人なら、もっと楽かも。そう思うと、忍耐も寛容も必要なくなるってことか? ハハハ。

そんなこんなの、1年だったけれど、人生は、番で生きていきたいと思っているし、面白い夫とまだまだ一緒にいたいなぁと思うので、妻である自分のために、慢心することなく、忍耐を身につけていきたいもんだ


母として
続いて母としての私。
自分の腹の中にいながら別人格を持つ人を、産み育てるってすごいな。と、今さらながら思うこの頃。
中学2年になってすごく精神的な成長を見せつけてくれた彼に大きな学びをもらいながら、去年は私も母として少し前に進めた気がする。
部活では、レギュラーから外れてベンチで声を出し、ナイスプレイの友達をかいがいしく迎える我が子を目にした時…なんていうのかなぁ、彼の置かれた立ち位置を垣間見て考えさせられたり。
常に人様に優しいと言ってもらえる我が子に、わたし自身が心震える思いをさせてもらったり。
我が子は、なぜ⁈の連続を私に試練として与え、傲慢な私を打ちのめし、思慮深くあれと諭してくれている。
ここでは、寛容の心にちょっと近づけた1年だったと思う。

そういえば、時々
母さんってさ、○○の時によく△△って良くいうよね。
と、口癖というかシチュエーションに対する表現の仕方を指摘されることがあり、自分では気づかなかった自分の好みとか、伝えたかった意味とかを、あらためて考える機会がある。面白い。


働く私として
看護師として30年を超えた。
昭和最後に社会人となり平成と共に育ち、ついに令和。長い。そして看護師長となって3年目。
自分がどうするか。何をしたいか。よりも、組織がどうあるべきか。何を求められているか。どんなチームでありたいか。と考えられるようになってきた。けれど、ここが1番努力をせず現状のぬるま湯に浸かっている気がする。小さな成功体験を積み重ねることができたことで、チャレンジが減っている。気付きながら、ズルズルと1年過ぎてしまった。
とはいうものの、のんびりしたことで見えたこともある。次への活力と、とっかかりも。

これは、共に過ごしているすべての人に感謝!


私として
そして、私。妻であり母であり人であり、私である私。
総括としては「寛容」ではなかったね。
そうありたいと願う自分は、いつも闘っている私だったw
それは反省だけれど、身体は-3kgを達成してそれを半年維持できている。良かった。

ハイ。思い出しました。原因と結果の法則
自己コントロールは強さです
正しい思いは熟練技能です
そして、穏やかさはパワーです

穏やかな自分でいたくて、寛容を目標としてきたけれど、自己コントロールならず。な、2019年だった。
2020年は、正しい思いである熟練技能を鍛えよう。

ということで「正射必中」をテーマに頑張ろうと思います。
正しい思いが選択ができるようになりたい。
























# by yukidarumako | 2020-02-22 16:54 | ひとりごと

台風一過

台風一過_c0067459_10004657.jpg

今回、台風の影響で、1人で2泊のんびりとしたこともあり、しみじみ思い出す。

日本手術看護学会

産休、育休を終えて復帰して、疲れ果てて…
これからの自分を模索して途方に暮れていた時に、すごくパワーをもらった場所だ。
オペ看としてというのではなく、なかなか思うようにいかず虚しい日々の中、一生懸命もがきながら、学ぶこと、チャレンジする力を与えてくれた場所だった。
小さな負けず嫌いな私が、そこにはいた。
けれど、上を見ていると、足元を救われることもあるが、足元をしっかり見つめて前を向いていると、真っすぐにしっかりと立っていられると、気づかせてくれて、支えられているんだと実感することができた。あの日のことは、忘れない。
そして、自分1人で頑張っていたつもりだったが、やればできると、今は永遠ではないと信じさせてくれた、後ろからそっと手を添えてくれていた多くの存在に感謝する。

今は、ちょっとゆるっと許されている状況に甘んじている自分がいるなぁ…
あの時の、さりげなく心強い優しさを、私も伝えられるようになりたい。
“人間万事塞翁が馬” 
今のこの時に、やるべきことは・・・頑張らなくちゃ!





# by yukidarumako | 2019-10-13 09:57 | ひとりごと