楽しいこと・嬉しいこと。そして悲しいこと・ひとりごと・・・


by yukidarumako
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:タロのまわし蹴りっ!( 41 )

家庭内パワハラ

スポーツ界でのパワハラ問題が、ニュースを賑わせているこの頃
なおみ選手のコーチはポジティブフィードバックがうまく彼女をUSオープン優勝へ導いたとか。


今朝、我が家でも家庭内パワハラ勃発
パワハラ(家庭内での優位性をを背景に、適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える。または、家庭内の環境を悪化させる行為」職場内:家庭内に変換してもすんなり。。。

試験最終日ムスコの態度に、どうにも腹立たしく本当に感情的に大声で怒鳴りつけた。
この方法はまったく効果的ではないと、冷静なもう一人が懸命に止めようとするが、溢れ出た感情は、もう止まらない、止められない。心の底から腹立たしく、情けなかった。
普段から声がでかく口調も激しい私の声は、それは威圧的だったことだろう。

はじめの小言はだらだらと座って聞いていたが、大声になったとたん、近寄る私に身を縮めて黙っていた。

きっかけは、どうということはない。
テスト範囲であり、当日提出すべきテキストが、半分も終わっていないことだった。

やればできる。
これは、やっていないから言うことだ.と思っている。
やるべきときにやるべきことができていれば、この台詞はいらない。
やるべき時にできない。これも能力だよね。

我が子のその能力が、なかなか受け入れられない。
本当に自分が嫌になる。

これから、自らが気づいてこそ本当の実力が発揮されるのだ。と
信じて穏やかに待つのみだ、と何度自分に言い聞かせただろう。

引っ張らずに、後ろからのあとおしをする子育てをしよう!と
何度、同じ誓いをたてたことだろう。

親も、少しずつ親になっていっているのだから・・・と
何度、自分に同じいい訳をしているだろう。


「わかってるっ!」
ふてくされて返事するたびに、わかっていてもできていないのだから
わかってると言いたい時には、「はい」と答えなさい。
そういうようになってから、意識的に「はい」と返事をする回数が増えているムスコ。

わかっているのに、できていない。
私もムスコと同じだ。

「はい」そのひと言がなかなか言えないのは、私の方だ。




[PR]
by yukidarumako | 2018-09-14 23:56 | タロのまわし蹴りっ!

誕生日と野球とムスコ

c0067459_23513817.jpg

c0067459_23514618.jpg
夏休み終わり前、先日の私の誕生日。
今年は普通に仕事して帰宅して、ムスコを塾に送り出してから、父ちゃんと2人でFISH HOUSE OYSTER BARへ
我が家から徒歩0分のこの店は、店員さんはあまり愛想がないが淡々と仕事をしていて、居心地が良くて好き。 サクッとワイン飲んで美味しい牡蠣を食べて、幸せ。
このところ胃腸の調子が悪かったので、美味しいものを少し。という上品な味わい方がやっとできるようになった。

夏休み明けて、久しぶりに制服を着たムスコを見て、板についてきたね〜としみじみ。
もう少し涼しくなってブレザー着たら、さらにそう思うんだろうな。楽しみ。

そんなムスコは、野球に夢中
グローブ磨きに余念がなく、試合後はスパイクのお手入れまで。先日念願のバットも手に入れると、しばらく撫ぜては眺めてた。(素振りしたほうがいいんじゃ?)
そして、メンタルに自信ないんでwと自虐的に言っていたピッチャーのポジションに、少し食いついてきている。やらされるんだよ〜と言っていたが、まんざらでもないようだ。ふぅ〜ん…
難しそうだと思うことには、あまり近づこうとしなかったのにね。好きなことは、挑戦できるんだねぇ。


でもさ、期末テストももうすぐですよ!
バット撫ぜてyoutube 見てても、100点は取れませんよ。
あまりにぼーっと好きなことだけしてるので声をかけたら、スマホ置いて席を立ったので、おっ、いいね。と思ったのだが…なんのことはない

おもむろにバッグからグローブ出してきて、牽制のイメトレを始め、無邪気に私にサインの説明までしてくれた。

ああ、そうですか。

着替えが脱ぎっぱなしだったので、指をさして片付けろと手ぶりでサインを送ったら、あ、ソレは口でお願い。オレ、いろいろ覚えてるとこでさ、いっぱいなんで。

だってさ。








[PR]
by yukidarumako | 2018-09-04 23:53 | タロのまわし蹴りっ!

つまんなぁ〜い

c0067459_20401913.jpeg
中学生男子の母になって、1ヶ月
なんとも、つまらない。

ハリキリぶりは落ち着いてきたものの、緩やかに成長もしているので、時間管理も持ち物管理も、どうしてそうなるかねぇ?という状態ではありながら、なにもしてやることもなく、気になることは叱言にしかならず…

何かと言うとすぐに「わかってる」と返事をするので、わかってると言いたいときは、「はい」と返事せよ。と伝えたら、2秒くらい遅れてハイというようになった。

ほんと、つまんない。

部活、部活と、起きれば朝練だと急いで出て行き、帰りも遅いので留守番をどうしてるか心配してやる必要がない。塾との両立も、もっと疲れたとなるかと思いきや、そこそこやれている。(成績は別ね。しかも先日は、英会話サボったけど)
最低限の手伝いは、重い腰を上げてやる。

食事はとりあえず一緒にとるもののすぐにソファで小さな画面を覗き、友達とゲームしたりチャットしている。スマホは持たせていないので、この短い時間が楽しみな感じ。
父ちゃんは抵抗して話しかけたりしているが、返事は上の空w そりゃそうだわ。

9時を過ぎれば当然眠くなり、風呂入って寝るわ〜となる。一緒にお風呂に入っていた頃が懐かしい。

今でも、たまぁ〜にyoutube見せたさに膝に乗ってくることがあるが、これも時間の問題。

身体はどんどん大きくなるし、足は臭くなるし

ホント、ツマンナイ。


あ、今日は珍しく、部活の練習でバッティングができたと、嬉しそうに話してた。
もともと外での話をしない男なので、珍しい。ささやかな嬉しい時間。

ニコニコ寄ってくるときは、何か欲しい時ぐらいw
今日は、ずっと欲しいと言われていたグローブのメンテナンス用のオイルを一緒に買いに行った。ちゃんと使えるんか?と思っていたが、練習から帰ったら早速せっせと磨いていた。しかもトレシューの手入れまで。
サッカーをやっていたときは、一度もしたことなかったねー^ ^;



子は、3歳までに親孝行は済ませているって、本当だなぁ…

1ヶ月でこんなに、離れてっちゃうとは。

よく、私の子ども10年もやってるんだから、何で怒られるかわからんかっ!!と怒っていたが、先日は逆に俺の親12年もやってんだからさーと、ため息をつかれたw


心配という名の監視をするな。
と何かで読んだことがある。

きっと、遠い目で見守っていた方が、いい男になるんだろうねぇ

ちぇっ、つまんないのー( ̄^ ̄)



[PR]
by yukidarumako | 2018-05-19 19:41 | タロのまわし蹴りっ!

中学生と私

この春、ムスコは中学生になりました。
はりきっていますw

今日は初めての保護者会でした。
校長先生を始め学年担当の先生方が、とにかく子どもたちを承認して褒めて盛り上げてくれていました。ありがたい。

周りに影響しやすく、調子に乗りやすいムスコ
どうなっていくだろう…楽しみでもあり心配でもあり
複雑な親心

とにかく、勉強は学生の本分だよ!
と、中学入学と同時にゲームやスマホや勉強についてルール化してみたものの、つい追い詰めがちな私は、焦らずあきらめずのスタンスを私自身いいきかせている。

部活決定までも、親の思惑(勉強時間も確保できる練習日がいいな〜とか、あまりお金かからないといいなぁとか、大人になっても楽しめそうなのがいいんじゃない?とか、個人競技の方が試合も楽しめそうじゃないの)などなどw
自分のやりたいものを選びなよーと言いながらも、洗脳に近いあれこれを吹き込んでしまっていた。

が、

やはり、ムスコの決定はずーっとやりたがっていた「野球部」に決定!
水曜日以外の週6日の練習日。砂埃まみれで、使う道具も山盛りの部活だった。

参加初日の今日は土曜日で、前日から浮き足だっているし土曜授業はあるしどうなることやら心配だった。夜は塾もあり、やるべきはずの宿題も中途半端で、ああ、先が思いやられる〜と言う感じだったのだが…

土曜授業から帰宅し、部活参加までインターバル20分ながら、私のメッセージを読んで10分はドリルをやっていたらしい。(出来栄えはさておきw)
しかも、部活から帰宅後も硬派な顔をして、塾頑張らなきゃ。とテキパキと準備をして、日曜日の部活練習について報告しながら軽食を口にして塾へ出かけていった。

筋肉痛らしき症状のある太ももを気にしつつ、気合が入った顔つきのムスコに、保護者会での先生方の褒め言葉を伝えずにはいられず、ヤンヤと盛り上げて塾へ送り出した。
嬉しい驚きだった。
ノリやすいムスコであることはわかっているが、本当に頑張ってるな〜と嬉しくて、エールを送らずにいられなかった。

いつまで続くだろう・・・

スタートダッシュ効きすぎてパワーダウンしないように、ほどほどに頑張ってほしい。

保護者会での先生方の言葉は、親が聞いていても嬉しいものだった。
ちょっと覗いた授業参観でも、先生のきめ細かな目配りを垣間見ることができて、親の顔色ばかり見ている印象だった小学校との違いが嬉しかった。

承認の重要性を再認識させられた1日だった。

好きなことに取り組む姿勢は、前向きで清々しいなって実感させてもらえた。

このフレッシュな気持ちがいつまでも続かないことはわかっている。
でも、予想以上のムスコの頑張りと順調な滑り出しに、安堵し、頑張るムスコのよき応援団でいよう!と心に決めることができた。


〝気絶するほど褒めて育てる〟を思い出し、今日の先生方の承認を心に、信じて見守っていきたいなと、今は、思います。
きっとまた、我慢できずにイライラする日もガミガミ言う日もたくさんあると思うけれど、ね。

ムスコの中学校生活に、幸あれ!!





[PR]
by yukidarumako | 2018-04-21 19:43 | タロのまわし蹴りっ!

サザンカ

 
c0067459_17052322.jpeg

久しぶりにお花を買いました。春らしくって思ったのだけど、ムスコが選んだのは、バレンタインにぴったりな感じ♡これもまた良し。

平昌冬季オリンピックが始まりました!
テレビ画面からも熱気を感じられる、オリンピックってやっぱり、ドラマティックですね!

ゲームばっかりしているムスコが、いつの間にか手を止めてテレビに釘付けになって観戦していたアイスホッケー。氷上の格闘技といわれるだけあって、さすが迫力がある!
途中から一緒に観ながら、応援していたらなんと女子だった。ほぉ〜女子も迫力は変わらないねーーーと、さらにワクワクしながら観ていたが、残念ながら、日本女子チームスマイルジャパンは格上スェーデンに1ー2で負けてしまった。
勝ったスェーデンチームは、氷をスティックで鳴らして拍手を受けながら盛り上がっていた。
ひゃー、みんな気の強い女だねーって笑いながら私が言うと、ムスコが、お母さんの集まりだね!というじゃないの…(°▽°)え?
私って、ムスコの中でどんだけ⁈

平昌オリンピックNHKのテーマソングは、SEKAI NO OWARI のサザンカ
選手たちを物語の主人公にみたてた歌詞を、優しいメロディにのせて、静かに熱く歌っている。なかなかいい感じ♪

夢を追う君へ
思い出して つまずいたなら
いつだって物語の主人公は笑われる方だ
人を笑う方じゃない
君ならきっと


もし負けてしまっても笑われても、主人公は君だよ!って歌ってるんだねって私が解説をすると、今度は、ジコチューと呟いたムスコ (°_°)
・・・ちょっと、待った。どうしてよ?違うでしょーと聞き返すと、え、オレは脇役で十分なんで。と言う。
主人公は、ジコチューなの?頑張ってる人は主人公だって言ってるだけでしょ?努力しないで、笑ってるやつのことなんて気にするなって言ってるんだよ……アレコレ

私が、喋り出すと、ハイハイ始まった〜わかってますよって顔になった。

ねぇねぇ、ねぇ!!!
ちょっとーーーっどういうことーーー|( ̄3 ̄)|

オリンピックにみる、ムスコの中の私


ムスコよ。
イイよ、母ちゃんは気の強いジコチューって言われてもさ。
でも忘れないでくれ。
君が、追い続けたくなるような夢を見つけた時
そんな、うんざりするような熱いDNAの一部が、君の中にあることを、ね。


そして、テーマソングは、こうも歌ってる

夢を追う君へ
思い出して くじけそうなら
いつだって物語の主人公が立ち上がる限り
物語は続くんだ

嬉しいのに涙が溢れるのは
君が歩んできた道のりを知っているから


[PR]
by yukidarumako | 2018-02-12 16:10 | タロのまわし蹴りっ!

子どもへのまなざし

2018年始まりました。今年のテーマは「寛容」

怒りからは何もまれない。
ならば、にっこりと笑って受け止め、
そして、考えられる様になりたいと思う。


職場の後輩が、おめでたく懐妊し年度末には退職する。
そんな彼女と、
子どもはあっという間に大きくなっちゃう。
もっと抱っこをしてやれば良かった。
なんて話しをしながら、ふと思い出し
佐々木先生の「子どもへのまなざし」を取り出してみた。

いくつかの気にかかるページには付箋が貼られている。

もうすぐ12歳、春にはもう中学生なのに
こんなにべたべた甘えてきて、大丈夫だろうか・・・
なにかちょっと困ることがあると、
すぐに、助けてと自分で解決しようとしない
このままでいいのか・・・

この頃、そんなことを思い、心配していた私を見透かしていた様に
付箋が貼られたページには書かれていた。


『子どもが望んだことは、満たしてあげても大丈夫です』
『子どもが親にべったりくっついていても、大丈夫』
『しつけに大切なことは、いい面を気づかせてあげること』

親の望みではなく、子どもの望むことは、いくらでもやってあげて
「もういい」というまで・・・
べたべたしていても、それでいいんだって親が思っていれば
子どもは安心して甘えられる
そして、満たされれば、自律して離れていく。

そうだった
苛立ちは、私自身の不安の現れであり、それが、ムスコへと伝わっていく

べったりと絡み付いてくるムスコの愛情コップは、
まだまだいっぱいではないのだろう。
つい、もういいだろうと、さっさとふたを準備している自分がいる。

まだまだ、だね。


そして、
子育てのみならず、いろいろな場面で自らの感情を冷静に考えると
怒りや苛立ちは、もっと少なくて十分だと、気づかされる。


もっと、おおらかにいこう。
笑ってわらって、ね。








[PR]
by yukidarumako | 2018-01-08 10:40 | タロのまわし蹴りっ!

復活!そして成長


清々しい空気の季節になりました。

最近知りました。
“清々しい”という表現が今の季節に使われる言葉で、“爽やか”は秋に使うということ。
なんだか、日本語って良いな。としみじみ思いました。

年末年始から1人感染症リレーをして、春休みも本調子ではないまま新学期を迎えたムスコ
保育園時代から、よく遊びよく食べて、よく寝ているおかげで、元気が取り柄だと思っていたのに、どうしちゃった〜と心配しました。
GWが明けて、やっと完全復活!

ホッとひと息です。

ホッとひと息は病気だけでなく・・・

それと同時に、事あるごとに拗ねたり膨れたり、大きな声で怒ったりして反抗していたのも、ずいぶん落ち着いて、わかっちゃいるけどなかなかできなかったのであろう事を、素直に自分からするようになってきました。

どうせ…と後ろ向きだったサッカーも、ほんの少しずつだけど、前向きに頑張っています。

できた自分が誇らしそうであるのは、見ていて嬉しくなるとともに、我が子の伸びしろを信じることの大切さを痛感しました。

こうして反抗と成長を繰り返し、離れていくんでしょうね。





More
[PR]
by yukidarumako | 2016-05-19 21:32 | タロのまわし蹴りっ!

日曜の朝は、機関車トーマスなこの頃。(小学1年の今頃ですが・・・)

“機関車トーマス”といえば、電車好きな幼児はみんな好きだよね。
トーマスは私と同じ年☆
もちろん私の子どものころもやっていて観たことはあるけど、どうもあの機関車についている顔が怖くて好きではなかった。なんで、ムスコが小さな時も絵本もアニメも見せることがなかったんだが・・・

ムスコがテレビチャンネル権をしっかり主張するようになった今、ムスコの影響で一緒に毎週観ているわけです。


そして、しみじみ。。。考えさせられている。

機関車トーマスに出てくる機関車たちは、みんな「役に立つ機関車」になりたがっている。
そのくせ、威張っていたり気弱だったり、早とちりの勘違いだったり、無邪気に思いこみで突き進む。

でも、トップハム・ハット卿も仲間達も、突き進む機関車を、けっして諭したり止めたりしない。

それどころか、繰り返し失敗して(みんなに迷惑もかなりかけて)やっと自分の浅はかさに気づいた機関車に、挽回のチャンスまで与え、やっと成功したときに一緒に喜び褒め称えるのだ。

君こそすばらしい 役に立つ機関車だ!! と。


今朝も、ムスコの横で「まだ気がつかないねー。」なんて言いながら見ている私に、とうちゃんも「毎回毎回やってるねー。」なんて言って笑っていた。


なんともはや。。。そうなんだよね。
自分で気づくことの大切さ。それには、これでもかって失敗が、必要。なわけで
そして、みんな成長したいと、成功したいと思っているんだよね。

失敗、それらから学んだことは、本当に自分のものになっていくんだろうな。

できるだけ失敗のないようにさしのべる手は、子どものためならず、痛い目をみたくない親のためにほかならないのだろうか。
なんだかなー。日々の自分を振り返ると、ちくちくと胸が痛む。


そういえば、
“おさるのジョージ”も黄色い帽子のおじさんはけっしてジョージを怒らない。
あの独創的で天才なおさるは、認められることで生まれてくるのか?(笑)
“Theペンギンズ”もめちゃくちゃなキングジュリアンをペンギンズは認めているし、困るといつも助けてやっている。

親となった今観る、たかがアニメされどアニメ。勧善懲悪ではない感じがいい。



一緒にしたら怒られるかもしれないが、先日の新聞のコラムでサッカーの長友選手のお母様が言っていた。

できるだけ、先回りしてやらないように気を付けました。
失敗しても本人はそこから必ず何かを学ぶでしょう。
そして、求められたときには、とことんまでつき合うようにしてやりました。

こんなようなことだったと記憶している。

先回りしていないからこそ、「だからいったじゃないのっ!」なーんてセリフもあるわけなく、一緒に傷み、慰め、考えてやることができるんだろう。

求められたときに、とことんまでつき合う。ここがミソだよね。
[PR]
by yukidarumako | 2013-02-17 15:38 | タロのまわし蹴りっ!

ビバ・4歳!


1月26日 4歳のお誕生日067.gif

甘ったれで、負けず嫌いで、慎重派。
そして、この頃は、ぐぐっと男の子らしくなってきました☆
初めて彼をこの手に抱き、感謝した時のことを思い出して、“今”を大切にしよう。

HAPPY BIRTHDAY!!
[PR]
by yukidarumako | 2010-01-26 19:07 | タロのまわし蹴りっ!

お弁当作り


春ですね。花粉が飛びまくり、私の鼻はぐしゅぐしゅです。。。

春の暖かなお天気に恵まれて、今日はタロは保育園のお別れ遠足♪
久しぶりにお弁当を作りました。
c0067459_16114816.jpg


食欲旺盛のタロのため、あれこれ思案して作ったお弁当のメニュウは〜♪

*ハムとブルーベリージャムのサンドイッチ
*くまちゃんハンバーグ
*人参とキューリのマカロニサラダ・プチトマト
*水玉うずら
*チーズinちくわ
*デザートは、苺と文旦

型抜きを駆使してみたけれど、気がついてくれるかな?
[PR]
by yukidarumako | 2009-03-18 16:18 | タロのまわし蹴りっ!